〈技術士 1次試験〉H29年度・33問目 建設工事の施工法

さて、今日も技術士1次試験の過去問の勉強を始める。

今日は平成29年度の33問目、建設工事の施工法の問題をやってみる。

問題は下記のサイトで見ることができる。↓

公益社団法人 日本技術士協会 平成29年度 第1次試験 建設部門

 

 

選択肢➀ EPS工法

Expanded Polystyrol Construction Method

発泡スチロール土木工法(EPS工法)とは、大型の発泡スチロール(EPS)ブロックを盛土材料として積み重ねていくもの。

通常は土を敷き均し、巻き出し厚ごとに転圧を繰り返し盛土を行う。

この作業が不要となる。

これは発砲スチロールという材料の特性を利用している。

・軽量性

・耐圧縮性

・耐水性

・積み重ねた場合の自立性

といった材料の特性を有効利用する工法

軟弱地盤上の盛土、急傾斜地盛土、構造物の裏込め、直立壁、盛土の拡幅などに適用される。

地盤改良、仮設などの付帯工事の簡略化、施工に際しては大型建設機械が不要など、周辺環境にも優しい工法。

 

 

 

選択肢② バーチカルドレーン工法

軟弱地盤対策工の1つ。地盤改良工法の一つである圧密促進工法に部類される。

地盤改良工法とは、対象地盤の物性が工事に不十分な場合には、軟弱地盤として地盤改良が検討される。

多種多様な工法が開発されており、サンドドレーン工法、カードボードドレーン工法などが挙げられる。

 

バーチカルドレーン工法の原理は

地盤の鉛直方向に対して砂柱(サンドドレーン)等を適切な間隔で設置する。

それにより、圧密排水距離を短縮し「圧密沈下の促進」と「地盤強度の増加」を図るもの。

 

 

 

選択肢③ RCD工法

RCD工法は、

・ ダンプトラック等で運搬された

・ 貧配合の硬練りのコンクリートを

・ ブルドーザで敷き均し

・ 振動目地切り機で横目地を造成し

・ 振動ローラで締め固める工法

となる。

 

コンクリートダムの合理化施工法としてわが国で開発されたもの。

セメントの量を少なくした超硬練りのコンクリートをブルドーザーで敷均し、振動ローラで締め固める工法。

従来工法に比べ、

・ ブルドーザーや振動ローラといった多くの機械を使うことができる

・ 大量打設が可能

・ 工期の短縮

・ 工費の低減

・ 工事の安全性

を図ることができる。

 

 

 

選択肢④ ワイヤーソー工法

コンクリート構造物にダイヤモンドワイヤーを環状に巻き付けることができれば大抵のものは切断できる。

一定の張力をかけながら高速走行によって切断する。

ダイヤモンドワイヤーを通すことができれば、

・ 鉄筋コンクリートの複雑な形状物

・ 大断面の切断・狭い場所・高所など

対象物に制限がなく切断できる。

振動・騒音・粉塵の発生も少なく、現場環境に合わせた器械設置が可能

縦横・斜めといった自由な切断ができる。

 

 

選択肢⑤ 盛土式仮締切工法

仮締切工は、河川や海などの水中に構造物を構築する際に、当該区域内をドライな状態で施工するために、水を遮断することを目的として設ける仮設構造物。 

要は、河川の工事では、水があって工事ができないので、水と縁を切るために設置される仮設構造物。

仮締切工には、数多くの種類があり、施工方法、構造形式、使用材料、支保工等によって分類される。

大きくは、重力式と矢板式である。

盛土式は重力式工法の中の一つとなる。

 

 

 

以上。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA