〈技術士 基礎適正〉H30年度・基礎 Ⅰ-4-3 金属材料の腐食について

今日は、技術士の一次試験の基礎適正、平成30年のⅠ-4-3 金属の腐食について。

金属材料を扱う以上、腐食対策はかかせない。

一説によると日本全体で腐食対策費は15兆円のコストがかかっている、という。

では問題を解いていく。

 

過去問はこちら↓

公益財団法人 日本技術士会 過去問(第一次試験)基礎科目

 

 

 腐食とは「化学的・生物学的」作用によって、表面が逐次減量する現象である。

設問文は力学的と記載されているので×

 

② 腐食は局所的に生じることもある。

設問文は局所的に生じることはなく、全体で均一と断定しているので×

 

③ アルミニウムやステンレスは錆びにくい。

その理由は、表面に酸化物被膜を形成する。

この膜ができた状態を不働態化した、という。

 

④ ステンレスは鉄とは何か違う。

それはクロムを10.5%以上含んでいる事。

設問文はニッケルを含んでいるとあるため×

 

⑤ 腐食の速度は、材料の使用環境や温度に依存するに決まっている。

海岸沿いの建物など錆びだらけ。

 

 

さて、今日は鉄の腐食についての問題。

1円玉が何で錆びにくいのか、ステンレスは鉄と何が違うのか、など日常生活の疑問も解決した。

終了。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA