〈技術士 1次試験〉H30年度・34問目 建設環境

今日は技術士の勉強。

平成30年の過去問。1次試験の建設部門。34問目の建設環境について。

問題文は「公益社団法人 日本技術士会」のHPで閲覧ができるようです。

「公益社団法人 日本技術士会」過去問(平成30年度 第1次試験)

 

 

ここは一つ一つの語句を覚えていくしかない。

さっそく選択肢を読んでいく。

 

 

選択肢➀ レッドデータブック

 

似たような言葉でレッドリストというものもある。

この違いは、レッドリストは、絶滅のある生物の名前と危険度をリスト化しただけのもの。

レッドデータブックは、レッドリストを元に、分布や生息状況、減少要因などの詳細な危険度を記載している。

 

これは日本で作成?

大元は国際自然保護連合という世界的な組織。

ここが世界版レッドリストを作った後に、各国がレッドリストやレッドデータブックを作成している。

 

対象は?

絶滅のおそれのある野生生物、となっている。

 

 

 

選択肢② CODとBOD

 

この語句には、似たようなBODというものがある。

この違いを見てみる。

 

BODもCODも酸素要求量。

この違いは、それぞれ生物化学的化学的かの違い。

BODは、水中の有機物が好気性微生物の働きによって分解される。

その時に好気性微生物が必要とする酸素の量

有機物を分解するとき、好気性微生物だから、酸素を使って分解する。

だから、たくさんの酸素が必要ならば有機物がたくさんある。

つまり、汚れている、と考える。

 

同じくCOD。

これは、微生物ではなく、酸化剤によって微生物を酸化する。

このときに、必要となる酸素の量をいう。

同様に、必要酸素量が大きければ、有機物が多いので汚れている。

 

 

 

選択肢③ 富栄養化

 

名前的には富とか栄養とか、なんかイメージ的には良さげ。

でも、これは赤潮などを起こす原因となり、環境問題的な負のイメージの言葉。

 

具体的には、池や湖などに、生活工業排水、農業の肥料などが流れ込む。

これらには、窒素化合物やリンを含んでいるので、栄養がたっぷり。

これは栄養塩類とか栄養塩といわれるもの。

栄養塩が流入してくると、結果的にはプランクトンが異常に繁殖してしまう、ということ。

 

 

 

選択肢④ PM2.5

 

微小微粒状物質で、大気中に浮遊している。

大きさが2.5μm以下

μmとは、マイクロミリメートルといって、マイクロなので1/1000ミリ。

呼吸器系への影響が懸念される。

 

 

 

選択肢⑤ ゼロ・エミッション

 

エミッションというのは排出。

つまり排出をゼロにする。

例えば、ある工場で排出された廃棄物を、別の工場で再利用できれば、工場単体では廃棄物は発生していても、社会システム全体では、ゼロにできるのではないか、ということで唱えられた考え。

 

 

環境問題は、昔からあるキーワード。

SDGsが流行りなので、その辺りからの出題も予想される。

実際、建設業に関わっていれば、環境問題は大きく影響するので、意識はしておく必要ありと考えている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA