非化石証書とグリーン電力とJクレジット

脱炭素を調べていると、非化石証書とかグリーン電力証書とかJクレジットなどの語句をよく目にするようになる。 これは企業や自治体が、自ら消費する電力をカーボンフリーな電力として扱えるよう、お金で解決する手段。 金で解決、とか 続きを読む 非化石証書とグリーン電力とJクレジット

エネルギー関連の話題(補助金の話2)経済産業省関連

今日は補助金の勉強。 エネルギー関連といえば経済産業省になる。 他にも環境省や国交省も補助金はあるが、まずは経産省から調べていこう。   〇 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金・・・・約250億円 htt 続きを読む エネルギー関連の話題(補助金の話2)経済産業省関連

エネルギー関連の話題(国の補助金)

今日は国の補助金を見ていこう。 前回のブログ記でも書いたけど、1軒の家庭の電力を太陽光発電で賄おうと思えば、蓄電池もセットで導入しなければならず、どうしても150万円近いお金がかかってしまう。 月々の電気代が1.5万円、 続きを読む エネルギー関連の話題(国の補助金)

太陽光発電の基本

今日は再エネ。 ロシアのウクライナ侵略で少しトーンダウンしている感もあるが、それでも今後もこの再エネ重視の流れは変わらないだろう。 地球温暖化を止めることは人類の宿命と言われている。 なぜなら、ほとんどの大都市は海岸沿い 続きを読む 太陽光発電の基本

電力の基本

今日は電力の基本を学ぶ。 近年、電力政策は、規制緩和の動きの中で大きく変わってきた。 その昔、電力会社というのは、エリアに1つしかなかった。 関東なら東京電力、とか。関西だったら関西電力、とか。 ところが、最近はガス会社 続きを読む 電力の基本

各部門のエネルギーの特徴

各部門のエネルギーの特徴を見ていこう。 産業部門。 日本のエネルギーの47%は産業部門で消費される。 前回見たとおり、製造業、農林水産・建設業である。 中でも製造業だけで44%。 なので、3%の農林水産や建設業よりも製造 続きを読む 各部門のエネルギーの特徴

1次エネルギーと最終エネルギー

さて、技術士の勉強も最近はさっぱり、という状況だが、決して遊んでいる訳ではない。 訳あって、エネルギー政策に関する部署に転勤となったため、そちらの業務が忙しく、なかなか資格試験の勉強にまで手が付いていない。 しかし、それ 続きを読む 1次エネルギーと最終エネルギー

〈技術士 基礎適正〉H30年度・基礎 Ⅰ-5-4 スマートグリッド他

今日は、技術士の一次試験の基礎適正、平成30年のⅠ-5-4 スマートグリッドなど分散型エネルギーについて。 日本のエネルギーに関する問題といっても電源構成とかの話ではない。 スマートハウスやスマートグリッドといった効率的 続きを読む 〈技術士 基礎適正〉H30年度・基礎 Ⅰ-5-4 スマートグリッド他

洋上風力発電の事業者公募がはじまる

経済産業省と国交省は、一般海域での洋上風力発電を実施する事業者を公募するらしい。 エリアは五島市沖。     政府は再生可能エネルギーの発電比率を2030年までに22~24%まで高める目標を掲げている 続きを読む 洋上風力発電の事業者公募がはじまる

水力発電についてメモる

技術士の勉強をしようと思って過去問を見ていたんだけど、水力発電だとか火力発電なんかの問題も出るらしい。 まったく知らな~い。 でも、勉強しなければいけない。 だから、その問題を解く前に、発電システムというか、日本のエネル 続きを読む 水力発電についてメモる